需要の高まりあり|理学療法士は専門学校で学べ|未来を創るもの

理学療法士は専門学校で学べ|未来を創るもの

男性

需要の高まりあり

男性女性

仕事内容の幅広さ

高齢者が増えていることで、目の問題や悩みを抱えている方も増えているようです。そのような中、専門知識を持ち、医師の指示のもとに視能検査を行う視能訓練士が不足している傾向があります。視能訓練士は国家試験に合格した者だけが有する資格です。視能訓練士と聞いて、何をする仕事だろうと思う方も多いかもしれません。視能訓練士は、病気や事故などによって視力が低下した方の訓練治療を行います。知識や技能を持って視力や視野や色覚、光覚や眼圧や眼位、眼球運動や涙液などの検査を行うのも大切な仕事です。また、視能訓練士になるためには、高校卒業からですと3年以上、大学や短大や看護学校卒業なら1年以上は視能訓練士の学校で学ぶことが必要です。

実戦力を身に付ける

ただ、どこの学校でも良いというわけではありません。学校によって視能訓練士の合格率が少し幅がありそうです。ネットには視能訓練士を目指す方に人気の学校リストもあります。学校別の合格率をチェックしてから、学校選びをすると良いかもしれません。また、視能訓練士は実戦力が求められることも少なくありません。そこで、実戦力を磨くために、実習の内容や時間、設備などもチェックしておくと良いでしょう。主な就職先としては、眼科委員や総合病院の眼科、レーシッククリニックなども多いとされています。そして、高齢者の患者さんのお話はしましたが、中には小さなお子さまの弱視などで来院するご家族もいらっしゃるようです。場合によっては話に耳を傾け、心のケアをしながら訓練治療に携わることも求められます。自分にあう学校選びをして視能訓練士を目指して下さい。