理学療法士は専門学校で学べ|未来を創るもの

ウーマン

需要の高まりあり

男性女性

視能訓練士になるには国家試験に合格する必要があります。視能訓練士は、患者さんの訓練に携わることも大事な仕事ですが、医師の指示のもと、豊富な知識と技術でミスのない検査をすることを求められます。実戦力のつく視能訓練士の学校を見つけて下さい。

読んでみよう

求められる力や将来性

男性女性

手に職をつける目的で、診療放射線技師の資格取得を目指す人も少なくありません。医療機関や検査施設など、活躍できる場所はたくさんあります。医療機器の進歩は目覚ましいため、常に新しい技術を勉強する姿勢が求められます。また病気予防のため検査を受ける人が増えている中で、診療放射線技師のニーズは高いでしょう。

読んでみよう

需要の高い人材の専門教育

男性

3年制と4年制の違い

理学療法士は、病気や事故によって身体に障害が出てきた人を対象に、不便のない生活を取り戻すための指導を行っていきます。主に無理のない動きをサポートしていく役目となり、リハビリにおいては理学療法士による付き添いで行われます。理学療法士の職業に就きたい場合は、国家資格を取得しなければなりません。その受験資格となるのが専門教育課程となり、学校を卒業する見込みまたは卒業者であることが求められます。その教育が受けられる機関に専門学校があり、必要な知識や実技を学び、そして資格取得のための授業も受けられます。専門学校は3年制または4年制という内容で受けられ、それぞれに特徴があります。3年制では卒業と同時に専門士の称号が与えられ、高度な授業内容を3年で受けていくことになります。そして4年制では高度専門士が与えられ、大学卒業と同等の見込みが期待できます。専門学校ではどちらか一方の教育体制となるので、ここをまずは検討して選ぶ必要があります。理学療法士の専門学校に見られる年数の体制は、1年早く卒業できるか、または1年多くてもじっくり学べる体制の違いが大きく出ます。そこをはっきりと認識しておくようにしましょう。

行き届いた教育体制

理学療法士は、これからの高齢化社会では特に需要の高い人材となり、医療や福祉の現場などで必要とされている状況です。男性が多いイメージがありますが、最近では女性も増えて男女差もそれほど変わらない職業となりました。こうした背景から理学療法士を目指す人も増え、転職を考えて専門学校に入学する人も少なくありません。専門学校ではそういう人たちのために夜間学校を設けているところもあるので、仕事を両立させながら学べるようになっています。専門学校の授業内容は、最初の1〜2年または3年までは基礎から専門的なことを学ぶ体制となります。そして次の年度から実習という形に入り、それまで学んできた内容を活かすための教育が行われます。理学療法士の国家試験では、知識以外にも実技の試験もあるのでどちらも必要な授業となります。学ぶことは多いですが専門学校側も全力でサポートしてくれるため、やりがいを感じられるメリットがあります。

学校を選ぶポイント

女性

医療が学べる大学を選ぶ際は、就職率だけでなく実績や就職支援体制など学校側のサポートも重視すると良いです。専門学校よりも大学で学ぶメリットとしては、医療以外の幅広い知識も同時に身につけることが出来る点です。

読んでみよう